神様が味方

“東フィラデルフィヤ教会日記” 教会メンバーが思い思いにつづります

白馬スネルゴイキャンプ

おはようございます!

今週の火曜日2月27日〜29日まで、白馬スネルゴイキャンプが行われました。

現地参加もオンライン参加もあり、主の素晴らしいご臨在と溢れる祝福が現されたキャンプでした!

キャンプが行われた、ホテルグリーンプラザ白馬

f:id:east-phila:20240301074916j:image

メインメッセンジャーであられます、TLEA教会の責任長老牧師で、東京アンテオケ教会の牧師であられますパウロ秋元さん!

f:id:east-phila:20240301074820j:image

 

今回の白馬スネルゴイキャンプは、本当に特別だったように感じました。各聖会での主のご臨在、メッセンジャーの方々を通しての主からの語りかけや示し、賜物セミナーと訓練、映像祭、賛美の中での主の溢れる愛といやしと解放、と、ここには書ききれませんが。。

これから、神様がどれほどのことをご計画しておられるのか、予想することさえ出来ません。

そして、何と今日からは、インドにチームが遣わされて行きます!

東京アンテオケ教会のホームページにインドチームのブログがあるので、チームを通しての神様の祝福を知ることが出来て感謝です!

 

シオン

主日礼拝前のお祈り

礼拝前のお祈り

f:id:east-phila:20240225120447j:image
f:id:east-phila:20240225120453j:image

司会者のアナウンスとお祈り

前半会衆賛美
f:id:east-phila:20240225120441j:image
f:id:east-phila:20240225120438j:image

静まってそれぞれのお祈りの時

主の祈り

聖餐式

献金

 

後半牧師賛美
f:id:east-phila:20240225120444j:image
f:id:east-phila:20240225120435j:image

メッセージ

蔵元牧師によるメッセージです。

聖書箇所:コリント人への手紙第一2章12節

f:id:east-phila:20240225120450j:image

f:id:east-phila:20240225120927j:image

主に聞くことの大切さが語られています。

f:id:east-phila:20240225121943j:image

 

シオン

 

 

ヤング礼拝が始まります!

f:id:east-phila:20240225095407p:image

司会者がリモートでアナウンスとお祈りをして、始まりました。

f:id:east-phila:20240225095530j:image

歌おう ハレルヤ〜🎶

主をたたえます〜🎶

f:id:east-phila:20240225095705p:image

試練を喜ぶことから始まる〜🎶

喜ぶことの奇跡〜🎶

 

賛美は主のものです〜🎶

ハレルヤ〜ハレルヤ〜🎶

私は賛美の声を上げます〜🎶

 

お祈りの時です

主の祈りも捧げます

f:id:east-phila:20240225100450j:image

次は特別賛美です。

天国からの奇跡 です。

f:id:east-phila:20240225100650j:image

1人じゃない 待ち望んで〜🎶

天国からの奇跡〜🎶

 

後半賛美です。

f:id:east-phila:20240225101028j:image

リバイバルが始まる〜🎶

この地を照らす希望の光〜🎶

f:id:east-phila:20240225101054j:image

大いなるくすしい御業が始まる〜🎶

 

メッセージの時です。

聖書箇所は、

"しかし、主は、「わたしの恵みは、あなたに十分である。というのは、わたしの力は、弱さのうちに完全に現れるからである」と言われたのです。ですから、私は、キリストの力が私をおおうために、むしろ大いに喜んで私の弱さを誇りましょう。
ですから、私は、キリストのために、弱さ、侮辱、苦痛、迫害、困難に甘んじています。なぜなら、私が弱いときにこそ、私は強いからです。"
コリント人への手紙 第二 12章9~10節
f:id:east-phila:20240225102010j:image

初めに、ウクライナのため、イスラエルでため、能登半島地震の被災者の方々のため、お祈りしました。

 

今日の聖書箇所を見てみましょう。

私たちは、いろいろな時に、これがあったらとか思ってしまいます。

しかし、神様は、それで嘆くことはないと言っておられます。

私たちの弱さを神様は覆って、益とかえてくださいます。そして神様に栄光が現されるのです。

 

関西でのゴスペルグループでの体験ですが、

赤鼻のトナカイ 笑い物になっていたのが、クリスマスに赤鼻が用いられた、話です。

神様はそれを用いられたのです。

私たちは嘆くのではなく、主に感謝を捧げていくのです。

神様の大きな栄光を表される、神様の言葉に立つことが大切です。

娘が中学の時、吹奏楽部でのこと、部員がスマホのため、先生に怒られたのです。娘はチームリーダーでした。

娘はこのことで感謝を捧げました。

すると、その次日の発表会で、なんと金賞でした。

感謝して神様に愛し従うなら、主は栄光を表されるのです。主をほめたたえていきましょう。

f:id:east-phila:20240225104112j:image

祝祷をして終わりました。